SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【完全版】YouTubeの動画が見れない・止まる時の対処法

youtube

YouTubeで動画を楽しんでいる時に一番困るのが
途中で動画の再生が止まってしまうことです。

せっかく楽しんでいるところに水を差されてしまい
イラッときた方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はYouTubeの動画が見れない時の対処法を
PC編とスマホ編のに分けてご紹介してまいります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PC編

まずはPCでYouTubeが見れない時の対処法をご紹介します。

PCとスマホのどちらにおいても動画が正常に再生できない
原因は端末側にあるケースが極めて多いです。

動画が再生できない時はその他のソフトウェアの動作や
ブラウジングの速度にも異常がないか確認しましょう。

対処法は優先度の高いものから紹介しているので
上から順に試していくことをおすすめします。

動画の画質を下げる

YouTubeでは動画の解像度を視聴者側で設定することができます。

解像度が高ければ高いほど求められるPCの性能や通信速度も高くなり
その基準に満たない場合、動画の読み込みが途中で止まったり
正常に再生されないことがあります。

まずは動画の画質を落として正常に再生されるかどうか確認してみましょう。

画質設定を変更するには動画右下の歯車マークをクリックして
「画質」を選択してください。

ytvideoerror

デフォルトでは「自動」に設定されているので
解像度の数値が一番低いものに変更してみましょう。

画質の変更によって再生ができたらそこから徐々に数値を上げていって
ちょうどいい解像度を探してみてください。

ブラウザを再起動する

chrome

ブラウザを長時間開いていると負荷がかかり
動画を正常に再生できなくなることがあります。

長時間ブラウザを開いているなと感じたら
一度ブラウザを終了して再起動してみましょう。

たったこれだけの手間でブラウザの動作が軽くなることがあります。

ブラウザのキャッシュ削除をする

ブラウザにはサイトのデータを一時的に保存するキャッシュというものが存在します。

キャッシュは定期的に削除しないとどんどん蓄積されていき、
動画の再生やサイトの読み込みなどに時間がかかるようになってしまいます。

動画が正常に再生されない時はブラウザのキャッシュ削除をしてみましょう。

キャッシュの削除方法はブラウザによって異なるため、
お使いのブラウザ名で削除方法を調べてみてください。

ブラウザのアドオンを無効化・削除する

ブラウザにはアドオンと呼ばれる拡張機能があります。

YouTube関連のアドオンも数多く存在するため
何らかのアドオンをブラウザに導入している方も多いでしょう。

しかし、こうしたアドオンはあまりに多く導入しすぎると
ブラウザの動作が重くなり動画の再生に影響を及ぼすこともあります。

便利だからと言って手当たり次第にアドオンを入れている方は
現在使っているアドオンを見直し必要ないものを無効化したり削除してください。

ブラウザの動作が軽くなり動画が正常に再生されることがあります。

起動しているソフトウェアを終了する

ブラウザのタブを複数開いていたりゲームや動画プレーヤーなど
他のソフトウェアを同時に起動しているとPCに負荷がかかり
動画が正常に再生できないことがあります。

ytvideoerror2

PC全体の動作が重いと感じた時はタスクマネージャーを開いて
CPUとメモリの使用率を確認してみましょう。

使用率が100%に近い時は使用量の多いソフトウェアを終了して使用率を下げてください。

ブラウザのプロセスが複数起動している場合は
タブを閉じることで使用率が下がります。

その他のソフトウェアを終了する時はプロパティなどから
終了しても問題ないものかをよく確認した上で行いましょう。

PCを再起動する

mba2

上記の対処法を試しても動画が再生できない時は
一度、PCを再起動してみてください。

再起動によってPCへの負荷がリセットされて
動画が再生できるようになることがあります。

ブラウザを再インストールする

ブラウザのキャッシュ削除やアドオンの無効化を行っても
ブラウザの動作が重い時は再インストールをしてみましょう。

再インストールすることでブラウザの動作が軽くなり
動画が再生できるようになることがあります。

ブラウザにこだわりがないのであれば
他のブラウザに乗り換えてみても良いでしょう。

PCのディスククリーンアップをする

ブラウザだけでなくPCのハードディスクにもキャッシュは蓄積されていきます。

PC全体の挙動が重いと感じた時はPCのディスククリーンアップをしてみましょう。

不要なファイルを消去することでディスクの
空き容量が増え動作が軽くなることがあります。

ディスククリーンアップの方法はOSによって若干異なるため
あらかじめ方法を調べておくと良いでしょう。

再生する時間帯を変える

通信速度の不足によって動画の読み込みが止まってしまうことがあります。

元々の回線速度に問題がある場合はプランの変更など根本的な改善が必要ですが、
時間帯を変えることによって通信速度が変化することもあります。

というのも使っているプロバイダによってはネット利用者が多くなる時間帯に
回線が混雑してしまい通信速度が著しく低下することがあるからです。

もしも時間帯によって通信速度に変化があると感じたら
回線の混雑する時間帯を避けて動画を見るようにしてください。

一般的には19:00〜0:00までの時間帯が混雑すると言われています。

スムーズに動画を楽しみたい時はできるだけ
この時間帯を避けて再生すると良いでしょう。

スマホ編

スマホの場合も端末に問題があることが多いのですが、
通信速度の問題も意外と見落としがちです。

月の通信容量を超えて制限をかけられてしまう方も多いので
動画が再生できない時はその点にも注意してみましょう。

動画の画質を下げる

PCの場合と同じく、まずは動画の画質を下げてみましょう。

アプリで画質を変更するには動画右上の「」マークから
メニューを開くことで行えます。

ytvideoerror6ytvideoerror3数値の低いものから試してみて正常に再生できる解像度を設定しましょう。

Wi-Fi接続を利用する

通信制限などで通信速度が落ちていると動画の読み込みに
時間がかかり途中で止まってしまうことがあります。

キャリア回線を利用して動画を見ているのであれば
自宅の無線LANなどのWi-Fi接続を利用してみましょう。

通信速度が改善されることで動画がスムーズに再生されるはずです。

バックグラウンドで起動しているアプリを止める

アプリを多重起動しているとスマホの動作が重くなり
動画の再生に影響を与えることがあります。

動画がうまく再生されない時は起動したままのアプリを
タスクキルして動作を改善しましょう。

taskkill

アプリのキャッシュ削除をする

アプリに溜まったキャッシュによって動作が重くなり
動画の再生が正常にできなくなることもあります。

YouTubeアプリから動画を見ている場合は
アプリのキャッシュを削除してみましょう。

Androidの場合は端末の設定からiPhoneの場合はアプリの
再インストールでキャッシュを削除できます。

スマホのメモリ容量を確保する

ytvideoerror5

メモリの空き容量が不足しているとスマホの動作が重くなってしまいます。

空き容量がほとんど残っていない時は使っていないアプリや
動画を削除してメモリ容量を確保してください。

空き容量が増えることで動作が軽くなり
動画を正常に再生できるようになることがあります。

スマホを再起動する

PCと同様にスマホも再起動を行うことで動作が改善されることが多いです。

上記の対処法を試しても動画が再生できない時は
スマホを再起動してから動画の再生を試してみましょう。

アプリのアップデートや再インストール

アプリのバージョンによって動画の再生に不具合が生じているケースもあります。

アプリのバージョンが最新になっているかを確認し、
古いバージョンだった場合はアップデートしてください。

既に最新バージョンである場合は再インストールすることで
状況が改善されることがあります。

OSのアップデートをする

ytvideoerror4

OSのバージョンチェックも念の為に行っておきましょう。

OSはアップデートとともにに様々な不具合を改善しているので、
放置していると思わぬところで動作に支障をきたすことがあります。

対処法の優先度としては低いですが、動画再生だけでなく
スマホの動作全体に関わることなので忘れずに行ってください。

スポンサードリンク