SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

YouTube Live(生放送)を録画する最も簡単な方法【iPhone/PC】

youtubeliveYouTube Liveでは、ニュースやスポーツやイベントなど
様々なジャンルの動画がライブ配信されています。

ライブ配信された動画の多くは放送後にYouTubeへアップロードされますが、
中にはライブ配信でしか見る事ができない動画や、
アップロードされても削除されてしまう動画があります。

ライブ配信でしか見られない動画がお気に入りの動画であれば、
もう一回見たい、見直したいと思う人も少なくはないでしょう。

そこで今回は、YouTube Liveの動画をPC・iPhoneで
録画する方法について解説していきます。

YouTube Liveの動画を後から見られるようにしたいという方は
是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

YouTube Liveの動画を録画する方法とは

まず初めに、ライブ配信されているYouTube Liveの動画そのものを
直接ダウンロードする事はできませんし、それは著作権違反です。

勿論、YouTube Liveにも録画機能はありませんので、
基本的にここで紹介する録画方法は動画のダウンロード方法ではなく、
iPhoneおよびPCの画面を「キャプチャ録画」する方法となります。

PCでYouTube Liveを簡単に録画する方法

現在、PC画面のキャプチャ録画ができるフリーソフトは
数多くリリースされており、高性能な機能を持つものも多いです。

ただ、高機能だからこそ設定が複雑化しているソフトも多く、
操作方法が分からないと思う人も少なくはありません。

そこで今回は複雑な設定が一切不要で、厳しい制限もない
ApowersoftのPCキャプチャ録画フリーソフト
「PC画面録画フリーソフト」でのYouTube Live録画方法を解説していきます。

PC画面録画フリーソフトについて

PC画面録画フリーソフトは、ブラウザ上からツールを起動して
PCの画面録画を可能としています。

ブラウザ上のツールである為、実際にフリーソフトをインストールし
初期設定を行うという手順がないのが特徴で、
誰でも簡単かつ素早く録画機能を使用する事ができます。

PC画面録画フリーソフトの起動ツールをインストールする
必要がありますが、初期設定などは一切ありません。

PC画面録画フリーソフトに使い方

youTubeliverokuga
PC画面録画フリーソフトはこちらのサイトより利用する事ができます。

起動ツールをインストールする。

PC画面録画フリーソフトのサイトにアクセスしたら、
まずは「録画開始」という部分をクリックして下さい。

すると、「起動ツールをダウンロードする」という画面がでてくるので、
起動ツールのダウンロードを実施して下さい。

ダウンロードしたファイル「apowersoft-online-launcher.exe」を起動すれば、
インストールが始まります。

PC画面録画フリーソフトで録画する。

起動ツールインストール後、「録画開始」を選択すると、
キャプチャ録画する範囲を設定できるようになります。

マウス操作でキャプチャ範囲を拡大・縮小ができるので、
YouTube Liveの動画画面に合わせ録画する事ができます。

キャプチャ範囲を設定したら、メニューバーの「REC」ボタンをクリックします。

その後、確認ウィンドウが表示されますので、「確認」を押せば録画が開始されます。

録画したデータを保存する。

録画を停止すると、自動的にプレイヤーが立ち上がり、動画を再生する事ができます。

問題なければ、プレイヤーウィンドウ右下のフロッピーマークをクリックし、
「名前をつけて保存 ビデオファイル」を選択して下さい。

その後、保存した旨を知らせる確認ウィンドウが表示されますので、
その中から「フォルダを開く」をクリックすると、
動画が保存されているフォルダが開きます。

iPhoneでYouTube Liveを簡単に録画する方法

iPhoneではiOS 11.0より「画面収録」という機能が標準搭載されており、
アプリをダウンロードしなくてもスマートフォンの画面をキャプチャ録画する事ができます。

画面収録について

iPhoneの標準機能である為、使い勝手はよく、
誰でも簡単にキャプチャ録画を行うことができます。

ただ、著作権違反の助長を防ぐ策として、画面収録では
YouTubeの内部音声のみを録音する事ができないというデメリットがあります。

これは画面収録に限らず、iPhone単体で画面を録画できるアプリは
AppStoreから排除されているか、画面収録と同等の制限がかけられています。

Web上からiPhone画面録画アプリをダウンロードするという手段もありますが、
開発元の信頼性が低く、iPhone上でもアプリの認証が必要となる為、推奨はできません。

ただ外部音声の録音機能をオンにする事で、YouTube Liveの音声を録音する事はできます。

これは、iPhoneから発せられる音をiPhoneのマイクで録音するという方法であり、
音声は入るが、iPhoneの周りの音も録音されるという点に注意する必要があります。

画面収録に使い方について

コントロールセンターに画面収録を追加する。

「設定」メニューから「コントロールセンター」を選択して下さい。

youTubeliverokuga2
次に「コントロールをカスタマイズ」を選択し、
カスタマイズメニュー一覧の「画面収録」の横にある「+」を選択して下さい。

youTubeliverokuga3youTubeliverokuga4
コントロールセンターを開き、画面収録が追加されます。

なお、コントロールセンターはiPhoneの画面下部から上にスライドする事で表示できます。

iPhoneX以降の場合は、画面右上から下方向にスライドする事で表示できます。

外部音声の録音機能をオンにして録画する。

iPhoneのコントロールセンターより、画面収録のアイコンを強めに押し込んで下さい。

3Dtouch機能が無い場合は長押しです。

するとマイクのアイコンが表示されますので、
それをタップしてマイクをオンにして下さい。

これで外部音声が録音されるようになります。

「収録を開始」をタップすると、iPhoneのキャプチャ録画が始まります。

キャプチャ録画した動画の保存

画面収録を停止すると、自動的にカメラロールに保存されます。