SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【完全版】YouTube Liveの配信のやり方や見方を詳しく解説

最近はライブ配信サービスが数多く登場し
誰でも気軽に生放送が行えるようになってきました。

そのような多くの配信サービスの中でも一番の知名度を誇っているのが、
動画投稿サービスのYouTubeが手掛ける「YouTube Live(ライブ)」です。

youtubelive

今回はYouTubeのライブ配信について徹底的に詳しく解説していきます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

YouTube Liveの魅力とは?

ニコニコ生放送やTwitchなど数多くのライブ配信サービスが登場している昨今。

利用者の選択肢の幅も広がり配信者も視聴者も各々利用しやすい
サービスを見つけてライブ配信を楽しんでいます。

サービスの提供者側からするとそれだけ利用者を集めることが大変な時代ですが、
YouTube Liveの配信者数は現在も順調に数字を伸ばしています。

では、YouTube Liveが人気を集める理由とは
一体どのような点にあるのでしょうか!?

利用料が無料

free2

ライブ配信ブームの火付け役とも言えるニコニコ生放送は
月額制のプレミアム会員にならなければ利用することができません。

しかし、最近ではTwitchやFC2ライブなど
無料で配信可能なサービスが大勢を占めています。

YouTube Liveももちろん無料で配信・視聴が可能なサービスです。

有料というだけで敬遠する方も多いですから
「利用料無料」はシンプルながら大きな魅力と言えます。

画質・音質に制限がない

大抵のライブ配信サービスには画質や音質のビットレートに制限があります。

しかし、YouTube Liveにはビットレートの制限がないため
高画質かつ高音質の配信を楽しむことができます。

もちろん、PCのスペックや通信環境によって実質的な制限はありますが、
サービス側から制限をかけられないというのは大きなアドバンテージです。

配信方法が簡単

good3

YouTube Liveの配信方法は非常に簡単です。

画面のキャプチャー方法やエンコーダの設定などPC側で行う手順は若干複雑ですが、
YouTubeのサイト側で求められることは非常にシンプルです。

また、PS4から直接YouTube Liveでライブ配信を行うこともできます。

さらに2017年2月からは公式アプリからの配信も可能になっています。

収益化が可能

money3

最近ではYouTuberという職業が確立しつつあり、
動画配信で生計を立てている人も珍しくない世の中になってきました。

YouTubeでは通常の動画と同様にライブ配信でも収入を得ることができます。

2017年1月には視聴者から直接配信者に投げ銭ができるスーパーチャットという
機能も実装され配信で収益を得る方法はさらに幅広くなっています。

YouTube一本で生活していくというのが難しくても副業として
ライブ配信を楽しみながら収入を得られると考えたら
それだけでも大きな魅力になるでしょう。

配信動画の保存期間に制限がない

YouTubeが他のストリーミングサービスと比べ
最も優れている点が配信動画のアーカイブの保存期間です。

例えば、Twitchでは配信動画の保存期間が無料会員で14日間、
有料会員で60日間と定められています。

保存期間を過ぎてしまうと動画が消えてしまうので
昔の配信動画を見返すことが難しくなってしまいます。

しかし、YouTubeでは配信動画の保存期間に期限がありません。

そのため、配信動画をいつでも自分のチャンネルから見返すことができます。

HDDに録画映像を残しておく必要もないので保存容量の削減にも繋がります。

YouTubeでライブ配信をする方法

ライブ配信をするために必要なもの

はじめにライブ配信をするために必要なものを確認しましょう。

Googleアカウント

googleaccount

YouTubeでライブ配信をするためにはGoogleアカウントが必須です。

また、電話でのアカウント確認とライブストリーミングの有効化も必要になります。

アカウントの設定方法については後述する
ライブストリーミングの有効化で詳しく紹介します。

 配信用端末(PC、スマホ、PS4など)

mac2

ライブ配信をするためにはもちろん配信用の端末が必要になります。

基本的にはPCからの配信になりますが、
PS4やスマホからも配信することができます。

PS4の場合はゲーム実況が主になりますが、
別売りのPS Cameraを使うことで実写配信も可能です。

スマホアプリからの配信はチャンネル登録者数1万人を超えている
クリエイターのみしか利用できませんが、
今後、利用者の範囲が順次拡大されていく見込みです。

 配信ソフト(PC用エンコーダやスマホ用アプリなど)

配信端末から視聴者に映像を送信するために配信ソフトが必要になります。

PC用エンコーダには様々な種類がありますが、
YouTubeではOBS Studioという無料配信ソフトが推奨されています。

無料で使える上に導入や設定方法も簡単なため初心者の方でもすぐに使えます。

スマホアプリからの配信であれば公式のYouTubeアプリから行うことができます。

youtube4

ただし、先述した通りアプリからの配信には
条件がありますのでその点には注意してください。

 PCマイク

mike

PCで配信する場合にはPCマイクが必要になります。

自分の声を配信に乗せないのであれば必要ありませんが、
基本的にはマイクを使って声付き配信をすることになるでしょう。

PCマイクにはデスクなどに置いて使うスタンドタイプと
ヘッドフォンと一体となっているヘッドセットタイプがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので
自分の配信スタイルに合ったマイクを選びましょう。

 カメラ(実写配信用)

webcam実写配信をする場合はカメラが必要になります。

PCの内蔵カメラでも問題ありませんが、カメラの位置を自由に動かしたい場合は
WEBカメラを購入した方が良いでしょう。

ヘッドセット付きのWEBカメラも販売されているので、
マイクがない方はセットになっているものを購入すると手間が省けます。

 キャプチャーボード(ゲーム配信用)

据え置き型のゲーム機の映像を配信する場合は
PCの画面に映像を映すためのキャプチャーボードが必要になります。

キャプチャーボードによって接続できるゲーム機が決まっており
PCとの接続法も異なってくるので購入の際には事前に情報をよく調べておきましょう。

ライブ配信の手順

次にライブ配信の手順について解説します。

 アカウントの確認

まず、電話を使いアカウントの確認を行います。

アカウント確認のページを開き、国を選択します。

確認コードの受取方法を指定し電話番号を入力して「送信」をクリックします。

指定した方法で確認コードが送られてくるので
受信した確認コードを画面に入力し「送信」をクリックしてください。

youtubelive2

「YouTube アカウントが確認されました」と表示されればアカウントの確認は完了です。

 ライブストリーミングの有効化

アカウントの確認を終えたらライブストリーミングの有効化をしましょう。

YouTubeからアカウントの「クリエイターツール」を開いたら
左にある「ライブストリーミング」を開き「始める」をクリックします。

youtubelive3

youtubelive4

youtubelive5

これでライブストリーミングの有効化が完了します。

 OBS Studioにストリームキーを入力

次に配信ソフトの設定を行います。

配信ソフトは様々ありますが、今回は最も広く使われている
OBS Studioを用いた場合の設定方法をご紹介します。

まずは公式サイトからOBS Studioをダウンロードしてください。

OBS Studioを起動し「設定」をクリックします。

youtubelive6

左の「配信」を選択しサービスを「YouTube / YouTube Gaming」に
サーバーを「Primary Youtube ingest server」にします。

youtubelive7

youtubelive8

次にYouTubeのクリエイターツールから「ライブストリーミング」を開き
「エンコーダの設定」に表示されている「ストリーム名/キー」をコピーします。

youtubelive9

コピーしたストリームキーをOBS Studioの「ストリームキー」にペーストします。

youtubelive9

 出力の設定

左の「出力」を開き、「出力モード」を「詳細」に設定します。

youtubelive11

youtubelive12

「ビットレート」「CPU使用のプリセット」などを任意の数値に設定します。

youtubelive13

ビットレートは回線の速度によって変更する必要があります。

回線速度に余裕があれば2000〜2500辺りの数値に設定しておくと良いでしょう。

CPU仕様のプリセットは10段階あり、
上のレベルに設定するとCPU使用率が低くなります。

PCのスペックに合わせて調整してください。

 映像の設定

左の「映像」を開き「出力解像度」を設定します。

youtubelive14

youtubelive15

出力解像度は配信映像のサイズになりますので
任意の数値に設定してください。

特にこだわりがなければ「1280×720」に設定しておきましょう。

 音声の設定

マイクを使う場合はマイクを接続した状態で左の「音声」を開き
「マイク音声デバイス」から接続したマイクを選んでください。

youtubelive16

youtubelive17

この設定を忘れるとマイクの音声が配信に乗らないので気をつけましょう。

 配信映像のキャプチャ設定

いよいよ、配信映像のキャプチャ設定に移ります。

「ソース」から「+」マークをクリックします。

youtubelive18

配信映像に載せる画面のキャプチャ方法が一覧で表示されます。

取り込みたい映像によって細かく使い分けられますが、
よく分からない方は「ウィンドウキャプチャ」を選択してください。

youtubelive19

「ウィンドウキャプチャのプロパティ」が表示されたら
「ウィンドウ」からキャプチャしたいアプリケーションを選択します。

プレビュー画面ではキャプチャした映像を確認することができます。

キャプチャ映像をクリックすることで大きさを調整できるので
任意の大きさに設定してください。

 配信の開始方法と映像の確認方法

右下の「配信開始」をクリックすると配信が開始されます。

youtubelive20

YouTubeのクリエイターツールから「ライブストリーミング」を開き
配信映像を確認してみましょう。

OBS Studioのプレビュー画面に表示されている映像が
再生されれば配信が正常に行われています。

 ライブダッシュボードから配信情報を編集

クリエイターツールの「ライブストリーミング」から
ライブダッシュボードを確認できます。

「基本情報」タブを開き「配信タイトル」「説明文」「カテゴリ」を設定しましょう。

youtubelive21

これでYouTubeでライブ配信を行う準備が全て完了です!

ライブ配信の保存動画の削除方法

ライブ配信動画は自動的にアーカイブとして保存されます。

保存された動画を削除したい場合はクリエイターツールの「動画の管理」を開きます。

youtubelive22

削除したい動画の「編集」をクリックし「削除」を選択すれば動画が削除されます。

YouTubeのライブ配信を見る方法

ライブ配信を見るために必要なもの

YouTubeのライブ配信はPCやスマホさえあれば
いつでも誰でも見ることが可能です。

配信側とは違って視聴するだけならアカウントも必要ありません。

YouTubeにアップロードされている動画と同じような感覚で
ライブ配信を楽しむことができます。

ただし、一点だけ気を付けなければならない点も……。

ライブ配信は配信者の配信映像をリアルタイムで受信しているため
十分な通信速度が必要です。

通信速度が安定しない状態だと配信が途切れ途切れになったり、
途中で止まってしまうこともあります。

また、スマホから見る場合は通信量にも気を付けなければいけません。

短時間であれば問題ありませんが、数時間もライブ配信を
見続けていると通信量も膨大になってしまいます。

ライブ配信をスマホで見る際は通信速度が安定していて
通信量を気にする必要のないWi-Fi接続の利用をおすすめします。

ライブ配信の探し方

ここではライブ配信の探し方を説明します。

 ライブチャンネルから探す

YouTubeには現在放送中のライブ配信を
一覧表示してくれるライブチャンネルがあります。

youtubelive23

上記から直接アクセスすることもできますし、
画面左の「チャンネル一覧」→「ライブ」と進むことで開くことも可能です。

youtubelive26

youtubelive25

ライブチャンネルに登録すると登録チャンネル一覧に表示されるので
頻繁に利用する方は登録しておくと良いでしょう。

ライブチャンネルでは「ゲーム」「スポーツ」「テクノロジー」など
様々なジャンルごとにライブ配信を表示しています。

見たいライブ配信が特に決まっていない方は
こちらの方法で探してみることをおすすめします。

 検索から探す

特定の配信者やキーワードからライブ配信を探す場合は検索から探してみましょう。

検索フォームは通常の動画を探す際に使うものを利用します。

youtubelive27

任意のキーワードを入力したあと「フィルタ」を開き
「特徴」から「ライブ」を選択します。

youtubelive28

youtubelive29

すると、キーワードを含むライブ配信やライブ配信の録画映像が表示されます。

現在放送中のライブ配信を優先的に表示したい場合は
「フィルタ」の「アップロード日」から「1時間以内」や「今日」を選択しましょう。

youtubelive30

その範囲内でアップロードされた録画映像も表示されてしまいますが、
ライブ配信が一覧の上部にまとまって表示されるはずです。

 YouTube Gamingから探す

youtubelive31

YouTube Gamingとはゲーム実況配信を専門に扱うサイトです。

YouTubeからゲーム実況配信を探す場合とは異なり
ゲームタイトルごとにライブ配信を検索できるのが大きな特徴です。

「ゲーム」タブを開くと人気のゲームタイトルが一覧で表示され、
現在行われているライブ配信の数も確認することができます。

お気に入りのゲームを登録しておくと「マイコレクション」から
すぐにライブ配信を確認することもできます。

ゲーム実況配信が好きな方はYouTube Gamingからライブ配信を探すのが良いでしょう。

ライブ配信へのコメント方法

ここではライブ配信のコメント方法を紹介します。

 コメントにはアカウントが必要

ライブ配信の視聴にアカウントは必要ありませんが、
コメントをするとなると話は別です。

ライブ配信にコメントをするためには
アカウントの登録とログインが必要になります。

アカウントを持っていない方は事前にアカウントの作成と
ログインを済ませておきましょう。

 チャット欄からコメントを入力

チャットが有効化されているライブ配信では
動画の右下にチャット欄が表示されています。

チャット欄の下に「メッセージを入力」と書かれた
入力フォームがあるのでそこにコメントを書き込みましょう。

youtubelive32

入力を済ませて右下の決定ボタンを押すとコメントがチャット欄に反映されます。

 チャット欄にはアカウント名が表示される

ライブ配信のコメントにはアカウント名が表示されます。

匿名のコメントはできないためどのユーザーが
どのコメントを残したか分かるようになっています。

ライブ配信の通知設定方法

お気に入りの配信者を見つけたらチャンネル登録することで
通知の設定をすることができます。

youtubelive33

通知設定をしたいチャンネルを開きチャンネル登録ボタンの
横にあるベルの形をしたマークをクリックします。

youtubelive34

「このチャンネルの通知をすべて受け取る」にチェックを入れると
ライブ配信を開始した際に通知が来るようになります。

おすすめ配信者3選

ここからはおすすめの配信者を3名ご紹介します。

皆さんなかなか有名な方ですが、まだ一度も見たことがないという方は
ぜひ一度チェックしてみてください!

A.I.Channel

youtubelive35

(出典:youtube.com

A.I.Channelの投稿者であるキズナアイさんは
世界初のバーチャルYouTuber(自称)です。

美しい3Dモデリングで作られたキズナアイさんがユーザーからの
質問に答えたりゲームに取り組む様はとてもかわいくて癒やされます。

動画投稿がメインですが時折ライブ配信でユーザーとのゲーム対決なども行っているため、
気に入った方はぜひチャンネル登録してみてください。

木下ゆうか Yuka Kinoshita

youtubelive36

(出典:youtube.com

木下ゆうかさんは大食い美人YouTuberとして有名な方です。

木下ゆうかさんが様々な料理を次々平らげていく様子は見ているだけで
お腹が空いてくると同時にそんなに食べて大丈夫なの?と思わず心配してしまうほど。

通常の動画では大食いの様子が早送りされてしまいますが、
晩ごはんライブ配信では食事の様子がリアルタイムで見られるので
気になる方はぜひチェックしてみてください。

marasy8

youtubelive37

(出典:youtube.com

marasy8の動画投稿者であるまらしぃさんは
「〜を弾いてみた」シリーズ動画で有名なYouTuberです。

数年前にはまらしぃさんが弾いた「千本桜」が
車のCMに起用されたことでも話題を呼びました。

これまでライブ配信を行っていませんでしたが、
2017年8月にライブ配信でピアノ演奏を披露してくれました。

今後も機会があれば生演奏を聞くことができるかも!?

【編集後記】

YouTube Liveの特徴や詳しい使い方に関する解説は以上になります。

人気ユーチューバーが続々、YouTube Liveに参入することで
今後ますます目が離せないサービスになりそうです!

スポンサードリンク