SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

YouTubeでアップロードの制限をなくし15分以上の動画を投稿する方法

youtube

YouTuberの社会現象化も影響して最近ではYouTubeに
動画をアップロードする方がますます増えてきていますが、
アップロードする動画には再生時間の上限が定められていることをご存知でしょうか?

初めて動画をアップロードされる方の中には、
この上限を知らずに長い動画を作ってしまい戸惑う方も多いです。

そこで今回はYouTubeにアップロードする動画の上限の詳細、
上限の引き上げ方法についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

YouTube動画の長さやサイズの上限

YouTubeにアップロードする動画の長さは通常15分が上限となっています。

そのため、15分以上の動画をアップロードしたい時には
長さの上限を引き上げる必要があります。

また、長さの上限を引き上げてもファイルサイズの上限もあるため
再生時間の長さには実質制限がつきます。

ファイルサイズの上限は128GBと定められており、
そのサイズを超える動画はアップロードできません。

再生時間の実質上限は動画の内容や質によっても変わってきますが、
中には24時間を超える動画もアップロードされているのでやろうと思えば、
かなりの長さの動画をアップロードすることも可能です。

とはいえ意識的に長い動画を作ろうとしない限り128GBのサイズ上限に
引っ掛かることはまずないので、15分の上限を引き上げてしまいましょう。

スポンサードリンク

15分の上限を引き上げる方法

アップロードする動画の15分制限を引き上げるには
PCからYouTubeにログインする必要があります。

無事にログインできたら画面右上のアップロードボタンを
クリックして動画のアップロード画面を表示してください。

ytuploadlimit

続いてヘルプと推奨事項の「上限を引き上げる」をクリックします。

ytuploadlimit2

そうするとアカウントの確認画面に切り替わるので
確認コードの受取方法を指定してください。

確認コードの受取方法は以下の2種類です。

①電話の自動音声メッセージで受け取る

②SMSで受け取る

ytuploadlimit3

どちらを選択しても電話番号が必要になるので
メッセージを受け取れる電話番号を入力してください。

あとは確認コードを入力すればアカウントの確認が完了し、
15分以上の動画であってもアップロードできるようになります。

編集後記

YouTubeに動画をアップロードする際には色々と躓きやすいポイントがありますが、
アップロード時の15分制限もその内の一つです。

今回ご紹介した内容は動画投稿者にとって基本中の基本となる知識なので、
これを機会にばっちりとご対応いただければと思います。

スポンサードリンク