SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【ゼロの書】ゼロから始める魔法の書の序盤攻略や評価・感想【ゲーム】

zeronosyo2
GREE,Incの提供する「ゼロから始める魔法の書」は魔術を核にした
ファンタジー世界で繰り広げられるモバイル向けのコマンドバトルゲームです。

虎走かける氏による同名の大ヒットライトノベルを原作に、
ゲーム独自のストーリー展開も存在する力作に仕上がっています。

プレイヤーを引き込む重厚ながらもどこかコミカルなストーリーはもちろん、
バトル中の美しいエフェクトや魅力的なキャラクターたち、
独特の「料理」システムなど見どころは満載。

導入も丁寧で原作未読の方もしっかりゼロの書の世界に浸って楽しめます!

ゼロから始める魔法の書

ゼロから始める魔法の書
開発元:GREE, Inc.
無料

ストーリー

「魔女」と呼ばれる人々と「魔術」が当たり前に存在する世界。

主人公の1人である「傭兵」は生まれつき半人半獣の姿をした「獣堕ち」として、
人間からは忌み嫌われ、魔女からは魔術の生贄として狙われる日々を送っていました。

ある日もまた自身の首を狙う魔女から逃げていたところ、
「ゼロ」と名乗る別の魔女に窮地を助けられます。

彼女はゼロの書という強大な力を持つ魔法書を探して旅をしており、
傭兵に旅の護衛を依頼しました。

常日頃から命を狙われ、天敵として魔女を嫌っていた傭兵は
当然断りますが、ゼロはある報酬を傭兵に提示しました。

それは傭兵を普通の人間の姿に戻すこと。

逡巡の末に傭兵はその条件をのみゼロと契約を果たします。

こうして心優しい獣人と気高き魔女のゼロの書を巡る冒険が始まったのでした…

人気記事

 

ゲームの流れ(コンテンツ)

zeronosyo3

ゼロから始める魔法の書には、主軸となる「メインクエスト」の他に、

・ゲームだけのストーリーを楽しめる「オリジナルクエスト」

・他のプレイヤーと競い合い報酬を獲得する「決戦場」

・入手した食材とレシピを駆使して便利アイテムを作る「料理」

といったコンテンツが用意されています。

メインクエストでは原作の流れを追体験することができ、
進行に伴って他のコンテンツも解放されていきます。

特にゲーム固有のシナリオが読める「オジリナルクエスト」は
メインクエストのストーリー1をクリアするまでロックされているので、
まずはメインを進めていきましょう!

戦闘はセミオートバトルなのでサクサクと読み進めることができます。

また「料理」で作るものはレシピによって必要な時間と食材が違いますが、
作った料理を戦闘前の画面で使用しておくとバトル中の能力に上昇補正が掛かります。

クエスト攻略に役立つアイテムなので活用してみてください。

スポンサードリンク

パーティ編成

zeronosyo4

編成画面では4人までのキャラクターを選択してパーティを組むことができます。

向かって左側の2人は「後衛」、右側の2人は「前衛」に設定され
配置による能力値ボーナスが加算されることもあります。

得意な配置はキャラごとに異なるため
(例:初期キャラクターの「傭兵」は前衛でボーナスあり)
画面右側のステータスウィンドウで「配置効果」のこまめな確認をオススメします。

「自動編成」ではレベルの高いキャラが優先的に前衛に置かれるため、
配置ボーナスの有無には注意しましょう。

また編成画面から「秘儀書」の装備も設定できます。

秘儀書はそれぞれスキルを保有していますが、属性・タイプが
キャラクターのものと一致していなければ戦闘中に発動することはできません。

キャラクターと秘儀書、それぞれのアイコン右下にある
マークを確認してから装備させましょう。

装備したあと編成画面の「装備スキル」でアイコンが明るく
表示されていればスキルの使用が可能です。

グレーがかった暗い表示になってしまっている時は、
タイプ・属性いずれかが不一致であることを示しています。

各スキルはキャラクターの適正値が一定以上のときに追加効果を発生させます。

レアリティが低いものほど必要適性値が低いので、
序盤は高レアよりも有効に使えることがあります。

詳細画面での確認を忘れずに!

キャラクターの強化

zeronosyo5

他のキャラクターや強化用キャラの「精霊の雫」を
素材に用いることでキャラクターの強化が行えます。

精霊の雫はメインクエストとスペシャルクエストで集めることができます。

強化対象と同じ属性の精霊の雫を使えば、より多くの経験値を獲得可能。

スペシャルクエストの方が効率よく集められます。

キャラクターの強化の際には金貨も必要になりますが、
ゼロの書では低レベル帯でも高レベル帯でも強化時に必要な金貨の量が変わりません。

メインクエストのクリアでも経験値を入手できるため、
育成の序盤はクエストでのレベルアップを中心にした方が節約できます。

同じキャラクターを素材に使うことで「覚醒」を行えるようですが、
2017年5月30日現在では実装予定とされています。

実装前では通常の強化になってしまうので要注意です。

キャラクターの進化

zeronosyo7

最大レベルまで育成したキャラクターは進化用の
素材を用いることで進化させることができます。

キャラクターの属性ごとに進化素材が変わるため、
メインクエストや曜日限定スペシャルクエストでの収集が必要になります。

曜日限定クエストだと属性も狙い撃ちできるので、
お目当てのクエストが出現する曜日のチェックをしておきましょう。

進化をするとレアリティが上昇し★5まで上げると「スキル適性」もアップします。

これによりスキルの追加効果発生を狙えるようになります。

進化後はレベル1に戻りますが、進化前のパラメータの一部を引き継ぎます。

お気に入りのキャラクターをどんどん強くしていきましょう!

スキルの強化

zeronosyo6

スキルもキャラクター同様に強化が可能です。

他の秘儀書を素材にすることでレベルアップし能力値の上昇が起こります。

こちらの強化に必要な金貨もレベルに関わらず一定ですが、
キャラクター強化よりもやや必要量が多いので注意。

またスキル強化には専用の素材がありません。

よって不要な秘儀書のみで強化することになります。

秘儀書はガチャ以外にクエストクリア時のドロップも多いので、
それらを用いて強化しましょう。

同名スキルを素材にした「覚醒」も今後実装される可能性があるので、
高レアのものはロックして取っておくことをオススメします。

バトル

zeronosyo8

戦闘はセミオートで行われスピードも等倍、2倍速、3倍速から選ぶことができます。

通常攻撃は完全にオートで進行しスキル発動のタイミングのみ
任意になりますが、画面左下の「オート」ボタンでスキルも
チャージ完了次第自動で発動するモードに切り替えられます。

キャラと敵の属性には「魔法使い」「獣堕ち」「教会」「その他」があり、
魔法使いは獣堕ちに、獣堕ちは教会に、教会は魔法使いに強いという三すくみの構造。

クエスト開始前には有利属性の表示もあるので、
それを参照した上で敵に対して有利なパーティを組むと進行がスムーズです。

レアリティの高い秘儀書を装備させているとスキル発動時には固有の演出も。

いずれも迫力満点、必見のワンシーンです。

ガチャ

zeronosyo9

キャラクターのレアリティは★3まで、秘儀書は★5までが排出されます。

キャラと秘儀書のガチャは区別されていません。

★3キャラの中でも「EXスキル持ち」とそうでないキャラが存在し、
EXスキル持ちはEXスキルのないキャラよりも排出率がかなり低く設定されています。

詳細は以下の通りです。

★3ピックアップキャラ1…0.33%

★3ピックアップキャラ2…0.33%

★3キャラ(EXスキル持ち)…0.34%

★3キャラ(EXスキルなし)…19.00%

★5スキル…15.00%

★4スキル…35.00%

★3スキル…30.00%

このようにスキルの排出率が80%と非常に高く、
EXスキルなしの★3キャラでもシビアな数字です。

更にEXスキル持ちピックアップキャラ(EXスキル持ち)を合わせて約1%。

お目当てのキャラを出すにはなかなか苦労しそうです。

10連ガチャを回すと10回目はキャラの排出が確定。

EXスキル持ちとピックアップキャラの確率は変わりませんが、
★3キャラの確率が99%まで跳ね上がります。

キャラを狙う時はすべて10連で回すことをオススメします。

まとめ

初期から目的の明確なストーリー、また原作の追体験だけに留まらない
オリジナルシナリオと原作ファンにもそうでないプレイヤーにも
嬉しい要素が詰め込まれた本作。

冒険を進めるもよし、他プレイヤーと競うもよし、料理のレシピ集めを極めるもよし。

シンプルながら奥深い作りの「ゼロから始める魔法の書」、
ファンタジー好きな方には是非プレイして頂きたい一作です!

人気記事

 

スポンサードリンク